介護の資格

高齢化や核家族化の進行とともに、介護のすべてを家族でまかなうことが難しくなりました。介護保険制度の利用者も年々増え続けており、介護のプロフェッショナルへの需要は、今後ますます高まるばかりです。

こうしたなか、介護現場で働く介護職となり、活躍のフィールドを広げていくためには、さまざまな介護資格の取得が必須です。また、お持ちの資格に応じて各種の手当などにより、お給料アップを狙うことが可能です。

介護職のキャリアパス

介護職員初任者研修
(旧ホームヘルパー2級)

在宅・施設で働く上で必要となる基本的な知識・技術を習得し、指示を受けながら介護業務を実践

この資格の更に詳しい情報はこちら

STEP UP!

実務者研修

実務者研修は、2012年4月にスタートした資格です。介護福祉士国家試験受験のために、基本知識・技術を学ぶための研修と位置づけられています。

この資格の更に詳しい情報はこちら

STEP UP!

介護福祉士

利用者の状態像に応じた介護や他職種との連携などを行うための幅広い領域の知識・技術を習得し的確な介護を実践

この資格の更に詳しい情報はこちら

働きながら介護資格が取れる!
キャリアアップ応援制度

介護福祉士初任者研修、実務者研修、介護福祉士の資格取得をお考えの方は「キャリアアップ応援制度」をご利用ください。無資格・未経験でも働きながら資格取得が可能で、資格を取ればスキルアップや待遇面など、キャリアアップにも役立ちます。

働きながら0円で介護資格が取れる! キャリアアップ応援制度とは