1. 無料介護体験セミナー&お得なキャンペーン実施中!!(2013年6月) | メルマガバックナンバー
  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブログ

こんにちは!介護の求人サイト【かいご畑】メルマガ担当の山本です。
このメルマガは、【かいご畑】にサイト会員登録された方、介護福祉士国家試験の解答速報の受信を希望された方へお送りしています。

あと少し、梅雨の季節を我慢したら、イベントが盛りだくさんの夏到来!
ニッソーネット本社がある大阪の夏の風物詩と言えば、日本三大祭りのひとつ、「天神祭」。
毎年130万人もの方が訪れ、船渡御や奉納花火など様々な行事が行われます。
毎日忙しくて、なかなか季節の移り変わりに気付かないこともありますが、こういった行事に参加して、日本の四季を感じるのもいいですね!

30秒でわかる介護の資格 「福祉サービスをつなぐケアマネジャー」

介護現場でご利用者様に合わせて適切な介護計画を作成するなど、
介護を必要とする人と福祉サービスを結ぶのがケアマネジャーの主なお仕事。
毎年、合格率が15~25%の間で推移している難関の資格です。

ケアマネジャーの試験願書(試験要網)の配布時期は、
各都道府県によってバラつきがありますが、6月中旬~7月上旬が多いようです。

2013年(第16回)ケアマネジャー試験日程は、2013年10月13日(日)です。
保健・医療・福祉分野で実務に5年以上携わっている方で、ケアマネジャーのお仕事に興味をお持ちの方はぜひ、挑戦してみてください!

♪♪「福祉の教室 ほっと倶楽部」 ♪♪
ケアマネジャー受験対策講座、募集開始しました

詳細はこちら⇒
http://hukushi-hotclub.jp/info/lecture/manager/?mail-0627

【注目情報】 今だけ!無料介護体験セミナー&お得なキャンペーン

「福祉の教室 ほっと倶楽部」にて実施中の無料セミナー&お得なキャンペーンをご紹介!
ご自身の介護経験やレベルに合わせてご活用ください。

★その1★ 「無料介護体験セミナー」
介護に興味はあるけど、何から始めたらよいのかお悩みの方にぴったりの無料セミナー。
介護のお仕事や資格の種類について、わかりやすくご説明いたします。
また、ベテラン講師による移乗介助の方法も学ぶことができます!
お友達を連れての参加もOKですので、お気軽にお越しください♪

開催日程など詳細はこちら⇒
http://hukushi-hotclub.jp/info/free/?mail-0627

★その2★ 「介護職員初任者研修」 受講料割引キャンペーン
【関西エリア限定】 7/31(水)まで、受講料が<27,000円OFF>!!
「介護職員初任者研修」(旧:ホームヘルパー2級)の受講料割引キャンペーンを実施いたします。
通常93,000円のところ、なんと・・・66,000円で受けられます!
まだ資格をお持ちでない方は、この機会にチャレンジしてみてください!
詳細はこちら⇒
http://hukushi-hotclub.jp/news/detail/?i=5

今回ご紹介したキャンペーン以外にも、まだまだお得情報があります!
ニッソーネットの派遣スタッフとして働き続ける限り、人気の講座が受講料0円になる【キャリアアップ応援制度】はこちら⇒
http://kaigobatake.jp/lp_careerup_ouen/?mail-0627

いち押し!介護エンタメ★ 話題の介護ミステリー小説

今回は、いま話題の介護問題を背景にしたミステリー小説、
『ロスト・ケア』(著者:葉真中 顕、出版:光文社)をご紹介します!

第16回日本ミステリー文学大賞新人賞において、選考委員の満場一致で選ばれた、いち押しの作品です。

ストーリーは、ある地方都市で起きた介護老人の不審死の真相を、主人公の検事が追っていく社会派ミステリー。
現代社会の介護問題を浮き彫りにし、読み終わった後は、深く考えさせられる一冊です。
著者の葉真中さん自身、祖父の介護を経験したことから、フィクションにもかかわらずリアリティを失わず、読み手を本の世界へひきつけます。

最後には、ミステリーにはお決まりのあっと驚くどんでん返しが...!!

<書籍詳細>
『ロスト・ケア』 著者:葉真中 顕 (光文社)
2013年2月発売、定価1,575円(税込)
http://www.kobunsha.com/shelf/book/isbn/9784334928742
※光文社の書籍紹介ページに飛びます。

編集後記

今回の介護エンタメでご紹介した、介護ミステリー小説『ロスト・ケア』。
日本ミステリー文学大賞新人賞作品ということで、今まで介護にあまり関心のなかった層からも注目されています。
この他にも、本屋さんへ行くと様々な文学賞受賞作品が陳列されていて、気づくとたくさんの本を手にとってしまい・・・
どれを買おうか長時間悩んでしまいます。 (山本)

※バックナンバーでは、配信当時の情報を掲載していますので、キャンペーンやイベント情報など、古かったり、既に終了している内容のものもございます。予めご了承ください。